Archive for the ‘未分類’ Category

アラーム設置と保険加入の対策

日本における自動車盗難認知件数は増加傾向にあり、車上荒らしについても特にカーナビの盗難被害が深刻なものになっています。

そんな車上荒らしの被害を防ぐために一番身近な存在なのが、盗難警報装置と言われるアラームです。様々な種類の物が販売されていますが、最も簡易なタイプはシガーソケットに差し込んで使う物です。取り付け方法も簡単なため、セキュリティについての初心者や軽自動車、女性に向いているタイプです。価格帯も手に入れやすい設定になっています。次に盗難警報装置として最もポピュラーなインストールタイプの物です。簡易タイプとは違い、警報装置の本体やセンサー等を目立たない位置に設置するため、より確実に防犯効果を発揮してくれます。センサーも振動や赤外線、超音波など様々な種類があるのが特徴です。このタイプは価格帯に差があり、安い物だと2万円程度から高い物だと10万円ほどします。最後にダミー装置です。これは威嚇するための物で、セキュリティが作動しているように思わせるためにLEDが点滅する装置です。車上荒らしの意欲を低下する効果を見込めます。「盗難警報装置設置」と書かれたステッカーを貼っておくだけでも防犯効果はアップするとされ、一番安く手軽に対策できることから、実施している人も多いです。また、マイカーの損害を補償してくれる車両保険においては、自動車本体だけではなく装着されているカーナビなどの付属品も補償対象となります。そのため車両保険にも加入しておくと安心なのです。

効果を得るにはメンテナンスして正しく使おう

車上荒らしを防ぐために、セキュリティ器具を取り付けている方は多いと思います。しかし、一旦取り付けてそれで安心してはいけません。セキュリティ器具だって、いつまでも性能をそのままに保つことはできないからです。寿命は何もしなくても減っていくものですし、ちょっとぶつけてしまったりなどの行為で更に減っていくでしょう。本体だけでなく、消耗部品などの存在もあります。

壊れるまでそのままではなく、定期的なメンテナンスの必要があります。設置をしてもらったショップへ持ち込んで確認をしてもらうことも良いですが、できることは、自分でもやってしまいましょう。

一番行いやすいことは、消耗品の交換ではないでしょうか。アラームのリモコンなどに起こる電池切れは、ショップ店員に依頼せずともできるでしょう。いつ切れても良いように、予備の電池を車に保管しておくと、よりセキュリティ性能もあがります。

これからセキュリティ部品を取り付けるという方は、ショップにビデオカメラなどを持参し、設置の様子を記録しておくこともおすすめします。もちろん、店員さんの許可は必要ですが、映像としていつでも見られるようにしておくことで、自分でできること、できないことがはっきりします。ショップで再度依頼する場合も、この部分が気になるなど、映像を指摘して説明することで、専門用語がわからない時にも役に立ちます。

価格や設置コストはどれぐらいかかる?

近年、車上荒らしの被害は増加の一途をたどっています。
大切な愛車を守るためにも、アラーム製品などといった、カーセキュリティー製品の設置を積極的に行うべきといえます。

どのような製品が有効といえるのでしょうか。
セキュリティー製品には様々な種類があります。
ハンドルを固定し、動かないようにする「ハンドルロック」、タイヤを固定し、車を移動できないようにする「輪止め」の役割を果たすセーフティーロックなどが一般的です。
特にこのセーフティーロックは、幅広い車種に対応できることに加え、簡単に設置することができます。その際にコストは特に必要ありません。
価格は1万円〜となっており、それなりのセキュリティーを必要とするならば、性能のいいものを購入するほうがよいでしょう。

また、犯人が最も嫌う「音」を発する製品も効果的です。
ドアを開ける、ジャッキアップする、衝撃を与える、ボンネットを開ける、などの動きを感知した場合に、サイレンやウィンカーの点滅等、音や光での威嚇で窃盗犯の犯行を抑止する電子装置は、非常に効果があるといえます。
本体価格は3万円代がポピュラーですが、盗難を防ぐためならお買い得といえるのではないでしょうか。
取付ける際に発生する費用は別途必要になりますが、それほど高価ではありません。

カーショップで実際に商品を吟味し、それぞれに合った最善の方法を取り入れるようにしましょう。

セキュリティー製品を正しく使おう

近年、車上荒らし・車上盗難の被害は増加傾向にある為、自動車オーナーの自己防衛に対する意識は向上したものの、まだまだカーセキュリティー製品に対する使い方についての知識が低いのが現状です。
イモビライザーは、自動車盗難防止システムですが、イモビライザーを搭載をしていても盗難の被害に遭うケースが出ております。
それは何故かといいますと、メーカーが装着する盗難防止システムは全て同じ敗戦結合の為に、攻略法を研究されてしまっているからです。
新たに別の方法で対策する必要があります。
対策として考えられるのは、

1)ハンドルロック、ハンドル操作を物理的に出来なくする装置です。
これだけの対策では不十分です、併用することが必要です。
2)輪止めタイプ、幅広い車種に対応でき、簡単に装着できるのがオーナーにとってありがたい防犯装置

でありますが、破壊するとしても、車外での破棄となりますので、周囲に気付かれてしまうなど、窃盗犯にとって破壊することが出来にくい防犯装置のタイプです。
3)物理的な対策以外の対策、窃盗犯が一番嫌うのは音での警告です。
音さえなければ車内で潜んで犯行を続けることは可能です。
又、サイレンやウインカーが点滅する等、車に異常が発生したことを知らせる装置も効果的です。

セキュリティー製品を選ぶポイント

車上荒らしや、車両盗難が相次いでいますので、セキュリティ対策を取られている方もおられる方も増えてきました。
車両の盗難を防ぐ為のセキュリティー製品も様々な種類がありますが、選び方の一番のポイントは、費用が掛からないことと、取り扱い方法が簡単であることに留意したいものです。
車上荒らしは、車の中の物品を狙って盗むことですが、僅かなものでも車を壊すという荒っぽい方法を使っています。

特に荒っぽい手段から、車上荒らしとか、車上狙いと言われているのです。
大部分は多国籍からなるグループの犯行と、模倣犯と言われています。
車両盗難は、車を盗み、中のカーナビを売り払い、車は放置、或いは売り払うことです。
これらのことから、まずはセキュリティ以前に、何故車上荒らしに遭ったのかを考える必要があります。
決してセキュリティ対策が無駄とは言いませんが、被害にあった事例を研究しないことには、効果があげられないのです。

車両盗難の被害は、信じられないことですが、車にキーを付けたまま放置した例が多いのです。
理由としては、様々な理由がありますが、要するに油断です。
車上荒らしの被害は、車の中に物を入れておいて被害にあった例が多いのです。
まず、自動車の持ち主が自分の心に鍵をして、それでもなお不足の部分について、セキュリティ対策をすることをお勧めしたいのです。

一番の安全対策はセキュリティー製品の設置

日本の自動車は性能が良く、世界各国から高い評価を受けています。
とくに新興国市場では、日本の中古車が人気が高く、その国の中産階級から富裕層の間では、程度の良い日本の中古高級車が人気です。
そのため、国産の高級乗用車の盗難は後を絶たず、盗難対策のセキュリティー製品が多く販売されており、新車購入後にそれを取り付ける人が多いです。
ただ、盗難する窃盗団はのテクニックも日進月歩で新たなセキュリティーグッズの解読に余念がない彼らは、新製品が出るたびにこれ以上の脅威を及ぼすというもので、まるでウイルスのようなものです。
これはどれだけ技術が進化しても同様のことが言え、いつの世の中になっても泥棒がいなくならないのがその理由です。

かといって無防備な状態であれば盗んでくださいと言っているようなもので、盗まれにくい環境を作るということが大切でしょう。
自動車ディーラーやセキュリティー販売店が推奨する製品を設置し、車内の見えるところには不用意にものを放置しない、さらになるべく明るい人目の付くところに駐車することを心がけましょう。
セキュリティーはそれのみの存在を知らせることが重要で、またそれに付随する第二、第三の対策も必要でしょう。

どんな状況が被害に合いやすいか

車上狙いとは、自動車内から現金や、品物を奪うことです。
車を壊して中の物を奪うという荒っぽい手口から、車上荒らしとも言われています。
車上狙いは、どれでも狙うということでもなく、短時間で盗む必要がありますので、盗難しやすい車を狙っています。
車上盗難に遭いやすいのは、キーを車に付けっ放しにしている状況が30%近くあります。
又、被害に遭われていますのは、駐車場で60%以上発生しております。
これらのことから、車上盗難を防ぐには、キーを付けっ放しにしない、盗難防止を防ぐ為にセキュリティ用品を活用することで、大半は防ぐことが出来るのです。
車上狙いに遭いやすい車とは、バックや財布など車内の見やすい場所においておくことで被害に遭われています。

車上荒らしは、車のガラスを壊すことで、車内に侵入し盗みますので、車内に物を置くことは非常に危険です。
これらの被害状況からいえることは、危機管理の無い車が被害に遭われています。
最近の高級車はイモビライザーや警報が付いている為、車上荒らしのターゲットは軽乗用車に移っており、トラックなども被害に遭われています。
乗用車でも、小さな窓がある車はガラスを壊しても音がしないことであり、又ミニバンが狙われやすいのは、車に物を放置しておく場合が多いからです。

どのような車種が被害に合いやすいか

日本損害保険協会の発表した第13回自動車盗難事故実態調査結果によると、2007年から5年連続で車両別盗難数が圧倒的に多かった車種はトヨタ・ハイエースです。損害保険会社21社が実際に車両保険金を支払った物で信憑性あるデーターです。

一般的にハイエースは業務用の耐久性に優れた車ではありますが、どの街にもある普通に走っている車で特別感や高級感はありませんが、盗難の背景には海外の事情があります。
海外での人気がとても高い車で、アジア諸国では故障しない耐久性があり荷物も人も沢山積みこむことができ、故障した時に部品調達が簡単な為、盗難車が多い原因になっています。車上荒らし的な盗難というよりは、組織的な窃盗団による犯罪が殆どで、狙われたらなかなか防ぐことが難しいでしょう。
平成24年5月からは盗難防止装置のイモビライザーが標準装備されましたがそれだけでは不十分です。
ハンドル固定ロックバーやセキュリティシステムを導入して対策をしなければなりません。
窃盗団が車を手に入れるのに必要な時間は約15分位と言われています。

段階的にセキュリティを増やして防御するしか方法はありません。
配達途中で一時的に止める時でも、必ずキーを抜いてドアロックする必要があります。
仕事で使う車ですから、なかなか対策が進まなく、多くの現場でキーをつけたまま放置していたり、古い車や車検切れの車を工場の中で足代わりに置いている現場などもありましたが、余りにもの頻繁に盗難がおきたので狙われやすい車という認識が広く知られるようになりました。

盗難・車上荒らしの被害実態

車上狙いとは、駐車している車を狙って自動車の中の品物を盗む車上荒らしと、車両を盗み、車を売りとばすとか、中の物品を盗み、車を放置するという車両盗難があります。
僅かなものを盗むために、車を壊してしまう荒っぽい手口を行うことから、この名称が付けられていますが、車を狙うことから車上狙いとも言われています。

これら車両狙いの加害者は、多国籍からなるグループの組織的な犯行と、模倣犯による犯行と言われていますが、車上狙いの現状は、車両盗難はセキュリティ対策の効果もあってか減少の傾向もありますが、車内の物品を盗む被害は減少どころか、増加の傾向にあります。
中でも最も狙われやすい物品はカーナビで、全体の約4割を占めています。
特に最近は高級車から、カーナビの装着率が高いこと、高級車に比べ自動車オーナーの防犯意識が低いことから、中級クラス・軽自動車に変わってきています。

カーナビが狙われやすいのは、部品は輸出の規制が緩いことと、ネットオークションの普及が原因となっているとも言われています。
対策として、出品の際には、製造番号を義務化することが提案されています。
カーナビの次に多いのが、車の中の現金や財布が盗まれる被害です。
被害に遭わないためには、施錠やセキュリティ対策をしっかりとする必要がありますが、車の中にこれらの物品を置きっぱなしにしないことです。