一番の安全対策はセキュリティー製品の設置

日本の自動車は性能が良く、世界各国から高い評価を受けています。
とくに新興国市場では、日本の中古車が人気が高く、その国の中産階級から富裕層の間では、程度の良い日本の中古高級車が人気です。
そのため、国産の高級乗用車の盗難は後を絶たず、盗難対策のセキュリティー製品が多く販売されており、新車購入後にそれを取り付ける人が多いです。
ただ、盗難する窃盗団はのテクニックも日進月歩で新たなセキュリティーグッズの解読に余念がない彼らは、新製品が出るたびにこれ以上の脅威を及ぼすというもので、まるでウイルスのようなものです。
これはどれだけ技術が進化しても同様のことが言え、いつの世の中になっても泥棒がいなくならないのがその理由です。

かといって無防備な状態であれば盗んでくださいと言っているようなもので、盗まれにくい環境を作るということが大切でしょう。
自動車ディーラーやセキュリティー販売店が推奨する製品を設置し、車内の見えるところには不用意にものを放置しない、さらになるべく明るい人目の付くところに駐車することを心がけましょう。
セキュリティーはそれのみの存在を知らせることが重要で、またそれに付随する第二、第三の対策も必要でしょう。

Comments are closed.