価格や設置コストはどれぐらいかかる?

近年、車上荒らしの被害は増加の一途をたどっています。
大切な愛車を守るためにも、アラーム製品などといった、カーセキュリティー製品の設置を積極的に行うべきといえます。

どのような製品が有効といえるのでしょうか。
セキュリティー製品には様々な種類があります。
ハンドルを固定し、動かないようにする「ハンドルロック」、タイヤを固定し、車を移動できないようにする「輪止め」の役割を果たすセーフティーロックなどが一般的です。
特にこのセーフティーロックは、幅広い車種に対応できることに加え、簡単に設置することができます。その際にコストは特に必要ありません。
価格は1万円〜となっており、それなりのセキュリティーを必要とするならば、性能のいいものを購入するほうがよいでしょう。

また、犯人が最も嫌う「音」を発する製品も効果的です。
ドアを開ける、ジャッキアップする、衝撃を与える、ボンネットを開ける、などの動きを感知した場合に、サイレンやウィンカーの点滅等、音や光での威嚇で窃盗犯の犯行を抑止する電子装置は、非常に効果があるといえます。
本体価格は3万円代がポピュラーですが、盗難を防ぐためならお買い得といえるのではないでしょうか。
取付ける際に発生する費用は別途必要になりますが、それほど高価ではありません。

カーショップで実際に商品を吟味し、それぞれに合った最善の方法を取り入れるようにしましょう。

Comments are closed.